マユ~。の読書中心の生活

アラフォーおひとり様の日常通信

わたしはもう、山羊座をやめるぞ!『星ダイアリー2019』を月星座のも買いました

星占い好きのマユ〜。(@mayuu_pp) です。

でも、どうも最近、わたしの星座「山羊座」の占いがピンと来ない、と思い始めてきて。

それで、昔作った自分のホロスコープを出してきて、しみじみと眺めていたら
ふと気づくことがあったんです。

そう、わたしのホロスコープ上の「太陽」って、すごくパッとしないんですよね。 その代わり、「月」がかなり強い。

このホロスコープ「太陽」というのは社会・公的な活動を表し、「月」は家庭・私的な活動を表すものなので、普通、運勢というのは太陽星座の方で見るものだと思ってたんです。 (性格なんかは月星座を見ることが多い)

でも、この太陽星座である「山羊座の運勢」がしっくりこないということは。。。 もしや、わたしは運勢も月星座を見たほうが良いんじゃないか?と思って。

そこで早速、わたしの月星座である「魚座」の占いを見てみることに。

↑コチラは『星ダイアリー』の名の通り、もともと星の運行や星座ごとの運勢が書かれている「手帳」で、わたしも毎年買っているんですが。

今年も発売!12星座別『星ダイアリー 2018』石井ゆかり 監修 買いました!(2019年版追記) - マユ~。の読書中心の生活
(記事は書いてませんが、2019年も買いましたよ!)

この『星ダイアリー』から、「星占い」の記述だけをまとめたkindle版があるんです。 「手帳」の形のは既に山羊座用を持ってるので、魚座kindle版で買ってみたんですが。。。

まあこれが、ピンときまくり!

なんだ、こっちだったのか、と。

長い間星占いを愛してきたのに、
思い込みですよねー。

。。。考えてみれば、ホロスコープのしょぼくれた「太陽」を見るまでもなく
わたしの社会活動・仕事運なんてだいぶ前から息してないしw
プライベートの趣味の楽しみだけが生きる縁という人生なんだから、
月を中心に考えたほうが良いに決まっていたんですよねー。

そういう訳で、わたしはもう山羊座をやめる!

もちろん、やめます。といってやめられるものでもないので、モノのたとえですけどね。

そもそもこの、
山羊座の運勢、全然合ってない」
から
「占いなんて当たらないのね」
に行かず、
「もしかして、月星座の方かも?」
と発想するあたり、もう神秘好きの魚座っぽいしなぁ(笑

これからは、山羊座の領域である「現実」よりも、
魚座の領域である「夢」の世界を、

太陽の「社会生活」より月の「私生活」を大事にして生きていこうと思いましたよ。

(まあ、前からそうだった気もするけどねー)